Charのぽてぽて韓国旅

韓国で見つけた「👀!」や「♡✨」の旅日記。キラキラ・アクセサリー・化粧品・美容にアンテナ立ちまくり。

Soul Bread

知る人ぞ知るパン屋。「Soul Bread 」。

(Seoulじゃないよ)。ソウルで私が大大大好きなNo.1 パン屋。多分99%観光客や外国人はこない(であろう)。

観光地でも学生街でもないローカル極まりないエリアの超~っ分かりにくい場所にある小さな小さなパン屋さんです。

 

ここはマジで人に秘密にしておきたいパン屋さんだから、書くか迷ったけど、まあ殆ど誰も読んでないだろうしね…←

メモ。。

 

地下鉄3号線、ヤンジェ(良才)駅からバスで10分程の場所にあり、小学校やマンションがある住宅街の裏にひっそりとあるパン屋さん。地域の方に人気な上に、固定ファンがいるようで午前11時のオープンに合わせて早めに行っても人気商品は売り切れのこともあります。

 

クリームチーズを使ったパンが人気で私が初めて行って感動したのがこのサツマイモ&クリームチーズのパン↓(これは切った状態ね)
f:id:charmest21:20190930225842j:image

見ての通り、中身殆どサツマイモ!そして真ん中にはたっぷりまろやかなクリームチーズ。レーズンやナッツ類が所々ちらばっていて、お芋の自然の甘味とやや噛みごたえのあるパンが最高なんです(T^T)

サツマイモも、よくあるお砂糖たっぷりの甘~いサツマイモ餡とかじゃなく、そのまんまサツマイモ!て感じのヘルシーなお味。菓子パンの様な甘さはありません。

 

 

そしてもう一つは、レモンクリームパン↓
f:id:charmest21:20190930230020j:image

パン自体が美味しい上に、爽やかなレモンクリームがしっかり入ってて、満足感があり飽きがこない。私はカットしてもらったパンを2~3回に分けて少しずつ食べるんですが、ついつい止まらなくなっちゃって結局すぐなくなっちゃいます。結構大きいのに…。地元の人に人気なのもめっちゃ納得。

 

特に普段からパンにこだわりとかはない私ですが、そんな私ですらここのパンは何か特別なものを感じる美味しさなのです。

 

下の写真で3つある内の一番上がサツマイモ&クリームチーズ。左がレモンクリーム。右はついでに買ったスコーン↓↓
f:id:charmest21:20190930225907j:image

場所がかなり不便なので留学中も結局3回くらいしか行けなかったけど、次回渡韓時にも必ず行くことでしょう。。。買い占めたい位。。

レベルチェック

留学ネタの続き。

語学堂に入学が決まり、まず学校で経験することになるのがオリエンテーションとレベルチェックのテスト。新入生は参加必須になっています。

f:id:charmest21:20190928013219j:image

高麗大学では仁村記念館という講堂で行われますが、ここ意外と場所が分かりくい。汗

高麗大のキャンパスは広い上に、ヨーロッパ調の建物がどれも微妙に似ているので初めての人は迷うかも。

キャンパス内で、時々学生の保護者や来客者から道を尋ねられた時、大抵行き先はみんな「仁村記念館」だったから、やっぱ迷う人多いんだろうな。

実際私も初日のオリエンの日に間違えて別の建物に向かったし←

 

仁村記念館はこれね↓

f:id:charmest21:20190928013550j:image

私が間違えて向かったのは一番目立つこの城(本館)↓

f:id:charmest21:20190928013730j:image

オリエンテーションではまず学校生活や授業に関する案内が行われます。最初に受付をすると言語別に翻訳された資料(と、私の時は学校のオリジナルトートバッグも)も貰える♪f:id:charmest21:20190928063619j:image

その後各グループに分かれてレベルチェック。一人ひとり番号が振られ各教室に分かれて行われます。番号によっては、講堂の中の舞台上(!)で行われる場合もあるけど、私は2階にある教室で行われました。

 

こんな感じで番号をふったシールが貼られて自分の番まで待機。
f:id:charmest21:20190928013929j:image

順番に別室に呼ばれ、只のレベルチェックと知りながらも妙にドキドキ…

意味もなく少しでもよく見せようとか思っちゃって緊張←

語学堂の先生とマンツーマンの軽い面接の様な感じで韓国語で質問を受けますが、同じ教室内で何組も同時進行で進むので、いざ始まったら割りと気楽に話せました。

 

その結果私は「会話は自然に話せているけど、作文に必要な書き言葉の理解が不足しているから、4級か基本を固めたいなら一つ下の3級にしてはどうか」との事。少しでも上のクラスで学びたい気持ちが強かったのでかなり迷いましたが、基礎をきちんと固めたかったので結局3級を選び、結果的にこの選択は大正解だったと思います。

多分ここでいきなり4級にしてたら、中盤以降キツくなってただろーな。

 

学校では会話(スピーチ等含む)・読解・聞き取り・作文等総合的に学びます。

なので、例えば1つのカテゴリだけ(会話とか作文とか)上手くても、総合力が一定の水準を満たしていないとなれば、それ相応の級にクラス分けをされたりもします。

 

また、同じクラスの中でも、会話は上手いけど作文が極端に苦手な人がいたり、その逆がいたり。友達との会話(タメ口)はできるけどニュースや新聞で使われるパブリックな表現は分からない…等、同じ級でも個人差はかなり幅があります。

 

個人的意見ですが高麗の授業は比較的スピードが速いです。というかこれは大体どの語学堂でも似たり寄ったりな気が。

どこの学校も正規過程の殆どが、三ヶ月で一学期、1~6級迄なので与えられた時間はほぼ同じ。

中級クラスは新しい表現も次々登場し、諺や慣用句、描写表現等々…日本語でも普段あまり使わない単語や表現が出てきます。なので家での予習復習をしないと試験前がかなりしんどい。。

逆にいうと毎日コツコツやっていれば取り敢えず置いて行かれることはないと思います。


私の周りには、学期初めに「思ったより授業簡単だわ~」「これなら一人でも勉強できる」と豪語していた子もいましたし、日本である程度やってきている子ほど自信を持ってる人もいるけど、大抵授業が進むに連れて余裕がなくなります…。で、下手するともう一回同じ級のやり直し←

通常の授業以外にも作文の宿題やらスピーチテスト、中間・期末試験もあります。


一方で、二学期修了して思ったのは語学堂のカリキュラムはかなり体系的に作られていて、とても考えられてるってこと。

出来る限り効率的に学べるよう、学ぶ順番や外国人が特に間違えやすい箇所、生活の中での頻出具合もとても考慮して組まれてる。日本の韓国語教室等でここまで、システムチックに学べる所ってあんまりないんじゃないかな。

 

そういった意味で、現地で中級クラスを受けていた私も、部分的に初級授業を改めて聞きたいと思う事も度々ありました。

 

とにかく、改めて考えてみて韓国語を勉強するにはこれ以上ない最高の環境だと思ったわけです。

(当たり前な気がするが←)

 

韓国に限らず留学は、自分がその気になればやり方次第で何倍にも楽しく、面白く、大きなものを得ることが出来ます。高麗はおもいっきり韓国語を勉強したい!て人に是非オススメしたいな。

BHCチキン

私が韓国で心から愛してる食べ物…。。

それはチキン(T^T)韓国のフライドチキンってお店も種類も豊富だし、日本のからあげとはまた違った美味しさでたまらんです。。。

電話やアプリでデリバリーも出来ちゃうし✨

 

私がお気に入りのチキンは、みんな大好き「BHC」のプリンクルチキン。一時期凄い人気が出て既に定着してますけど、未だに韓国で人気ですね。

f:id:charmest21:20190925190828j:image

チーズがきいたオリジナルパウダーがたっぷりかかっていてカリアリ&サクサクの衣がめちゃくちゃ美味しい(T^T)この為に韓国に来たといっても過言ではない。。

以前は、種類別のハーフ&ハーフが出来たんですが今はやっていない店舗が多いみたいで、私は滞在中どこのBHCでもハーフ&ハーフはお断りされちゃいました。(テイクアウトでもイートインでも)

一緒に付いてくるヨーグルトソースがこれまたアクセントになっていて、他では味わえない唯一無二のプリンクルチキン。



f:id:charmest21:20190925194553j:image

 

チキンのピース売りはなくて、一箱(1匹)19000won位だったかな。女性が1人で一気に食べるにはちょっとキツい量ですが、私は残ってもタッパーに入れて、別の時に食べたりしてました。笑  冷めても美味しいけどアツアツ&サクサクがたまらんので、是非温かい状態で思いきりかぶりついて欲しい!笑

BHCはヤンニョムチキンも美味しいです。

私は学校のキャンパスで時々ご褒美に食べてました。余談ですけど、プリンクルやヤンニョムは手がベタベタになるんで、外で食べるとかはおしぼり必須です。笑

それかビニールの手袋ね。

 

思い出すだけでお腹がすいてくる…😭

学食

留学中、めちゃくちゃ活用しまくっていた大学内の学食。

高麗大の中にあるメインの学食は5000won(500円位)でバイキング形式のメニューが食べ放題でした。留学中、コシテルに住んでいた私は出来る限り自炊もしていましたが、1人分の食材をあれこれマートで揃えて自炊するより、栄養バランスもある程度考えられている(であろう)学食の方が、手間もお金も節約になる気がして。特に私の場合、ついつい韓国の美味しいチゲ料理やチキンに誘惑されて、かなり意識しないと野菜不足になったり食事が偏る傾向が あったので、健康面でも学食にはお世話になりました。

 

メニューは基本日替り。パンやククスのような麺もあります。
f:id:charmest21:20190923225440j:image

取り敢えず全体的に赤い。笑

さすが韓国。目玉焼きは作り放題で、食堂内に各自で作るためのコンロが並んでいます。
f:id:charmest21:20190923225515j:image

自炊でこれだけの品数を準備するのは大変なので、食事の献立に迷った時や最近外食ばっかだなー。て時は何となくバランスを取るつもりで学食に来てました。
f:id:charmest21:20190923225556j:image

その他、食生活では日本から青汁を持参して飲んだり、ビタミン類はサプリもたまに飲んだり一応気を付けていました。韓国の物価を見ても、野菜や果物等決して安くはありません。モノによっては日本より高い食材も。私は留学中に体調を崩すこともなく、帰国まで元気いっぱいで過ごせましたが、中には食事が合わなくて体調を崩す子もいたので、旅行etcで韓国料理慣れてるし♪と思っても、毎日の生活となると思わぬ不調が出て来たりもするので、気を付けたいものです。

ついでに、海外旅行&留学の基本かとは思いますが、日本から腹痛・頭痛薬等の基本的なお薬はぜひ持参を!

 

高麗大学 語学堂(韓国語センター)

私が通っていた学校は、ソウル市内安岩洞にある高麗大学付属の語学堂です。

留学を決めるずーっと前。5年ほど前にワーホリを考えていた時に一度下見に来ていました。高麗以外には延世と梨大女子大もちょっとだけ見たかな。

私は学校選びを考えていた時から、かなり高麗が気に入っており、殆ど迷うことなく学校を決めました。

理由はまず、郊外で街が賑やかすぎないから。安岩ってちょっと田舎ぽいというか、延世がある新村は、比較的新しく綺麗な若者の街✨て感じがあるけど、安岩は(というか高麗は)地方から出てきた学生達が集まる場所みたいなイメージ。現地っ子からも時々そんな意見を聞きます。


f:id:charmest21:20190919233818j:image

留学の第一優先事項を「まずは勉強に集中する!」と決めていた私は、観光客も多く賑やかな新村や梨大よりも、ローカルな雰囲気のある垢抜けすぎない安岩がとても落ち着いたし、他のエリアより誘惑にかられることなく、勉強に集中出来ると思ったし、住むには一番いいかも!って事でここに決めました。


f:id:charmest21:20190919234221j:image

小さな街とはいえ、大学の周りにはスーパーや飲食店が沢山ありカフェではいつも沢山の学生が勉強していました。ジムや24時間営業のお風呂屋さんもあって、浴槽が恋しいときは(部屋にはシャワールームだけだったんで)よくお風呂に入りに行きました。

 

他の有名校に比べると小さな街ですが、学生が集まるエリアなので、夜中は飲み屋さんやカラオケ店の周りなどかなりうるさいので騒音に敏感な人は生活面でその辺りが気になるかも。私の知り合いにも、それが理由で引っ越しを検討している子がいたので。

 

高麗は何よりもキャンパス内の建物が素晴らしく、ヨーロッパ調の建造物はその場に居るだけでテンション上がる!なんかもう完全に「城」。。。テーマパークにしか見えん←


f:id:charmest21:20190923183431j:image

高麗の授業についてはまた改めて書くつもりですが、結論から言うと授業の面でもやっぱり私は高麗を選んでとーっても良かったです!! 高麗は昨年、語学堂の建物が新設&移動になったり、今学期から一部の級で教科書が新しくなったので、今後も色々変化があるかもですね。

 

 

 

留学中の会話練習

留学中に、よく聞こえてきた話。

「韓国人の友達が出来ない」「思ったより韓国語の力が伸びない」。えぇ、まあ、あるあるですよね。

でも、個人的にはそんな考えまーったく浮かばなかった。笑

 

留学の目的は、みんな人それぞれ。特定の分野の勉強から最大限語学力をつけたい!って人もいれば、マイペースに海外生活を楽しみたいetc。社会人留学ともなれば尚更です。でも、せっかく現地にいるなら大なり小なり韓国語上手くなりたいってって言うのは大半の意見。でも、このあるある問題はほんとに沢山の人が悩んでいました。

 

個人的に実践してみて、やって良かったな。と思うのが以下のアイディア。

①日本人同士の距離感キープ

はい。定番です。距離感キープと書くと、なんだか冷たい感じがするかもですが、まず前提として、日本人同士で一緒に居ること自体がマイナスって話ではないです。むしろ留学生活の中ではお互いに助けになる事だって勿論沢山あるし(特に生活面)、韓国語⇔日本語の細かいニュアンスをお互いに確認しあったり。帰国しても日本で繋がっていられる場合もあるし。が、やーっっぱり一緒に居ればいるほど日本語率は高くなる。だってやっぱりみんな母国語が楽だから。で、流されるというかずーっと日本語オンリーで話しちゃう。

 

私は現地にいる間、特に学校にいる時間帯や授業中は日本人とも韓国語で話したいくらいだったので、クラスメイトの日本人には韓国語で話しかけたりしてました。笑

 

でも一時期、生活の中で日本語を使わなさ過ぎてストレスが溜まった時(というより外国語で気持ちの機微を表現仕切れないストレス)は、自由に心の中を表現出来る母国語が恋しくなり日本人の友達とお喋りをしてとっても救われました。

スーパーくだらないボケが当たり前のように伝わる喜び…言葉のニュアンスが説明せずとも正確に伝わる安心感。。(T^T)みたいな。

 

つまり、勉強モードとリラックスモードを完全に分けていました。日本人の子と居るときはリラックスモードで、遊んだり自由に振る舞ったり息抜きしたい時。

なので、あくまでも語学の実力アップの為には…て話ね。その位の意識の方が良い距離感とメリハリが保てるのでは。という話です。

 

②学校の掲示板を活用(ネイティブの語学交換パートナーを見つける)

これはめっちゃくちゃ効果的だった!!しかもこの方法やってる子、あんまりいない。

私が行っていた学校ではキャンパス内に外国語学科の大学生達が主に使う建物があり、そこの学生用のお知らせ掲示板に、語学交換のパートナーを探すメモを貼っている大学生が沢山いました。語学堂の留学生は掲示板の存在を知らない人が多かったのか、本学生(韓国人の大学生や大学院生)でメモ貼ってる子が、多かったな。

f:id:charmest21:20190918212629j:image

ここにカカオIDとか紙に書いて「日本語⇔韓国語で語学交換希望!」と貼っとくと連絡が来たりします。私は7~8人くらいかな?

連絡が来て、取り敢えず全員と会いました。その内、気の合った子とは曜日を決めて帰国まで毎週会ってました。毎週月曜日はAちゃん。火曜日はBちゃん。みたいに。

帰国子女も多かったので、韓国人だけど中国語や英語もネイティブって子にも沢山出会いました。

f:id:charmest21:20190918212734j:image

大学内の掲示板という事で同じキャンパス内で会える人が多いし、本学生ばかりなので

極端に得たいの知れない(?)身元不明な人はまずいないので、ちょっとした安心感もあります。

多分、大学付属の語学堂ならどこでもこういう掲示板あるんじゃないかな。有名どころの語学堂に通う人は外国語学科の周辺をチェック!

 

③トウミ(バディ)制度を活用

これもまあ定番ではありますよね。

留学生と、本学生をマッチングして、ネイティブの学生が留学生のサポートをしてくれるシステム。学校によってシステムが少しずつ違ったり制度自体がない所もあると思います。

 

私の時は、年齢も一応考慮して組んでくれたようで、30代半ばの大学院生(トウミ)と30前の中国人の男の子(なんと二人とも既婚者)、そしてover30の私、の3人グループでめっっっちゃくちゃ楽しかった。笑  アジア3ヵ国で全体的に大人なグループだったので、会うたびにお互いの国の文化(と言っても結婚や戸籍の制度とか、経済の話とか。笑)の話や、3ヵ国で似てるけど微妙に発音が違う言葉の話で盛り上がったり、ディープな大人の会話も楽しめて、本当に素敵な時間が過ごせました。

 

トウミにはアタリ・ハズレ(相性や、トウミのモチベーション、メンバー等という意味で)があると、よく聞きますが、はっきり言って、どこの国にいようが相性バッチシ!最初からめちゃんこ仲良しになれる相手なんてそんな簡単に見つかりません。

(ついでに、イケメンも同じくです←)

色んな人に会える事自体を留学ならではのチャンス&ギフトだと思えれば、トウミは本当に良いシステムだと思います。

 

いづれにせよ、学校に通うだけでは思ったほどネイティブの友達も出来ないし、語学の実力も伸びません。メキメキと上達し、留学生活を楽しんでいる子は、やっぱり自分から動いたりアイディアを試したりしてる子が多いです。

 

語学交換については、他にもアプリを使ったり、ネットで知り合う方法もありますが、まあオススメはしません。(否定もしないけどね)

ネット経由でも良い語学交換の友達が出来ることもあるし、実際使っていたこともありますが、それこそ目的が多種多様過ぎたり、継続は難しいケースが多いのも事実。

 

 

 

何かの参考になれば幸いです💚

 

帰国

毎度久々です。

地味に帰国しました。3週間くらい前に←

帰国早々、職場復帰やら何やら色んな事でバタバタして中々落ち着かず、最近ようやく正気になってきたかも。

日本での生活に戻ると、少しずつ現地での生活や、向こうで当たり前みたいに感じてた感覚が薄れていくようで、寂しさと不思議な怖さ(?)みたいな感覚で毎日過ごしてます。

だって留学生活、超絶!!!!!!!!楽しかったんだもん(T^T)もう勉強だけして生きていきたい。。

まじで…。。

あ、お陰さまで奨学金も貰えたって話書いたっけ?←

てかインスタばっかやってたからブログ全然で何も書いてないな。取り敢えず、勉強楽しすぎて気付いたら奨学金貰えました✨

 

現地では、毎日頭おかしくなるくらい色んな人に会って、会話練習しまくって色んなものを吸収しまくっていたので、帰国後は生活のギャップのせいか、留学自体が夢か幻だったんじゃないかって気すらしている毎日です。。取り敢えず暫くはリハビリ期間のつもりで肉体だけ無理やり出勤して仕事こなしてる感じ。。

クラスメイト達は既に秋学期が始まってるので、私は日本で引き続き勉強頑張ります。取り敢えず来月のTOPIK~📒


f:id:charmest21:20190918185951j:image