Charのぽてぽて韓国旅

韓国で見つけた「👀!」や「♡✨」の旅日記。キラキラ・アクセサリー・化粧品・美容にアンテナ立ちまくり。

留学中の会話練習

留学中に、よく聞こえてきた話。

「韓国人の友達が出来ない」「思ったより韓国語の力が伸びない」。えぇ、まあ、あるあるですよね。

でも、個人的にはそんな考えまーったく浮かばなかった。笑

 

留学の目的は、みんな人それぞれ。特定の分野の勉強から最大限語学力をつけたい!って人もいれば、マイペースに海外生活を楽しみたいetc。社会人留学ともなれば尚更です。でも、せっかく現地にいるなら大なり小なり韓国語上手くなりたいってって言うのは大半の意見。でも、このあるある問題はほんとに沢山の人が悩んでいました。

 

個人的に実践してみて、やって良かったな。と思うのが以下のアイディア。

①日本人同士の距離感キープ

はい。定番です。距離感キープと書くと、なんだか冷たい感じがするかもですが、まず前提として、日本人同士で一緒に居ること自体がマイナスって話ではないです。むしろ留学生活の中ではお互いに助けになる事だって勿論沢山あるし(特に生活面)、韓国語⇔日本語の細かいニュアンスをお互いに確認しあったり。帰国しても日本で繋がっていられる場合もあるし。が、やーっっぱり一緒に居ればいるほど日本語率は高くなる。だってやっぱりみんな母国語が楽だから。で、流されるというかずーっと日本語オンリーで話しちゃう。

 

私は現地にいる間、特に学校にいる時間帯や授業中は日本人とも韓国語で話したいくらいだったので、クラスメイトの日本人には韓国語で話しかけたりしてました。笑

 

でも一時期、生活の中で日本語を使わなさ過ぎてストレスが溜まった時(というより外国語で気持ちの機微を表現仕切れないストレス)は、自由に心の中を表現出来る母国語が恋しくなり日本人の友達とお喋りをしてとっても救われました。

スーパーくだらないボケが当たり前のように伝わる喜び…言葉のニュアンスが説明せずとも正確に伝わる安心感。。(T^T)みたいな。

 

つまり、勉強モードとリラックスモードを完全に分けていました。日本人の子と居るときはリラックスモードで、遊んだり自由に振る舞ったり息抜きしたい時。

なので、あくまでも語学の実力アップの為には…て話ね。その位の意識の方が良い距離感とメリハリが保てるのでは。という話です。

 

②学校の掲示板を活用(ネイティブの語学交換パートナーを見つける)

これはめっちゃくちゃ効果的だった!!しかもこの方法やってる子、あんまりいない。

私が行っていた学校ではキャンパス内に外国語学科の大学生達が主に使う建物があり、そこの学生用のお知らせ掲示板に、語学交換のパートナーを探すメモを貼っている大学生が沢山いました。語学堂の留学生は掲示板の存在を知らない人が多かったのか、本学生(韓国人の大学生や大学院生)でメモ貼ってる子が、多かったな。

f:id:charmest21:20190918212629j:image

ここにカカオIDとか紙に書いて「日本語⇔韓国語で語学交換希望!」と貼っとくと連絡が来たりします。私は7~8人くらいかな?

連絡が来て、取り敢えず全員と会いました。その内、気の合った子とは曜日を決めて帰国まで毎週会ってました。毎週月曜日はAちゃん。火曜日はBちゃん。みたいに。

帰国子女も多かったので、韓国人だけど中国語や英語もネイティブって子にも沢山出会いました。

f:id:charmest21:20190918212734j:image

大学内の掲示板という事で同じキャンパス内で会える人が多いし、本学生ばかりなので

極端に得たいの知れない(?)身元不明な人はまずいないので、ちょっとした安心感もあります。

多分、大学付属の語学堂ならどこでもこういう掲示板あるんじゃないかな。有名どころの語学堂に通う人は外国語学科の周辺をチェック!

 

③トウミ(バディ)制度を活用

これもまあ定番ではありますよね。

留学生と、本学生をマッチングして、ネイティブの学生が留学生のサポートをしてくれるシステム。学校によってシステムが少しずつ違ったり制度自体がない所もあると思います。

 

私の時は、年齢も一応考慮して組んでくれたようで、30代半ばの大学院生(トウミ)と30前の中国人の男の子(なんと二人とも既婚者)、そしてover30の私、の3人グループでめっっっちゃくちゃ楽しかった。笑  アジア3ヵ国で全体的に大人なグループだったので、会うたびにお互いの国の文化(と言っても結婚や戸籍の制度とか、経済の話とか。笑)の話や、3ヵ国で似てるけど微妙に発音が違う言葉の話で盛り上がったり、ディープな大人の会話も楽しめて、本当に素敵な時間が過ごせました。

 

トウミにはアタリ・ハズレ(相性や、トウミのモチベーション、メンバー等という意味で)があると、よく聞きますが、はっきり言って、どこの国にいようが相性バッチシ!最初からめちゃんこ仲良しになれる相手なんてそんな簡単に見つかりません。

(ついでに、イケメンも同じくです←)

色んな人に会える事自体を留学ならではのチャンス&ギフトだと思えれば、トウミは本当に良いシステムだと思います。

 

いづれにせよ、学校に通うだけでは思ったほどネイティブの友達も出来ないし、語学の実力も伸びません。メキメキと上達し、留学生活を楽しんでいる子は、やっぱり自分から動いたりアイディアを試したりしてる子が多いです。

 

語学交換については、他にもアプリを使ったり、ネットで知り合う方法もありますが、まあオススメはしません。(否定もしないけどね)

ネット経由でも良い語学交換の友達が出来ることもあるし、実際使っていたこともありますが、それこそ目的が多種多様過ぎたり、継続は難しいケースが多いのも事実。

 

 

 

何かの参考になれば幸いです💚